MENU

ポータブル電源でエアコン(暖房)は何時間使える?家庭用エアコンは動く?

当ページのリンクには広告が含まれています。
ポータブル電源 エアコン

あなたは、キャンプや車中泊、災害時に暖を取るときどうしていますか?

ストーブや防寒着で寒さを凌いだり、たき火で暖を取ったりする方もいらっしゃるのではないでしょうか?

でもたき火を起こすためには時間と労力、ストーブを使うためには労力が必要ですよね。

そんなときに大活躍するのが、ポータブル電源!

ポータブル電源ではエアコン(暖房)を稼働させることができます。でもどのくらいの時間使えるのか気になりますよね?

そこで今回は、ポータブル電源でエアコン(暖房)は何時間つかえるのか?またエアコンを使う際の注意点について説明させていただきます。

目次

ポータブル電源でエアコン(暖房)は使えるの?

エアコン

ポータブル電源でエアコン(暖房)は使えるのでしょうか?

結論:電圧が100Vのエアコンであれば使えます。

これは一体どういうことなのでしょうか?詳しい説明をしていきますね。

エアコンの電源が100Vか200Vか確認する

エアコンには、100Vと200Vのと2種類あります。

この2種類の大まかな違いは、

100Vと200Vのエアコンの違いは?
  • 100Vのエアコン
    →6~8畳くらいの小部屋向けのエアコン
  • 200Vのエアコン
    →リビングくらいの大きな部屋むけのエアコン

一般的に販売されているポータブル電源の定格出力は100Vが多いので、200Vのエアコンを動かすことは不可能というわけです。

もし200Vのエアコンに繋いでしまうと、ポータブル電源の故障の原因となりますので絶対にやめましょう。

エアコンの定格消費電力とポータブル電源の定格出力を確認する

エアコンに限らずですが、ポータブル電源を繋いで家電製品を動かす場合

必ず家電製品の定格消費電力と、ポータブル電源の定格出力を確認しましょう。

家電製品の定格消費電力よりも、ポータブル電源の定格出力が大きければ問題無く家電製品を動かすことができます。

エアコンの電源プラグを延長コードで伸ばしてもOK?

延長コード

エアコンの電源プラグを繋ぐためにはコンセントが必要となりますが、一般的にはエアコンのすぐ隣にあるコンセントを使いますよね。

そのためエアコンの電源プラグをポータブル電源に繋ぐときには、必ず延長コードが必要になってくると思います。

そこで、

エアコンの電源プラグを延長コードで接続しても大丈夫?

と疑問を抱える方もいらっしゃるはずです。

【結論:専用の延長コードを使えば大丈夫】という答えになります。

ただし、エアコンが延長コードを使用出来るかどうかは、一度エアコンメーカーに確認してください。

ポータブル電源でエアコンは何時間動かせる?

ではポータブル電源で、エアコンは何時間動かすことができるのでしょうか?

しかしこの質問に関しては、【エアコンのメーカーや使用環境によって異なるため、一概には言えません。

エアコンのメーカーは沢山ありますし、それに伴って消費電力が変わってきます。

また使用環境(室温や部屋の広さ)、設定温度によっても稼働時間は異なってくるんですね。

しかしポータブル電源の持ち時間について、計算で求めることができます。

ポータブル電源容量(Wh)× 0.8 ÷ 使う電気製品の消費電力(W)= 使える時間(h)

あくまで計算上の稼働時間ですが、目安にはなるかと思います。

ソーラーパネルもあると便利

ソーラーパネル

ポータブル電源のなかには、ソーラーパネルが付いているものがあります。

もしソーラーパネルが付いていれば、太陽光を有効利用してポータブル電源を蓄電させるので、無駄な電力を使わなくて良くなり、節電になりますよね。

日中、ベランダや窓辺などの日当たりの良い場所にポータブル電源を置いておくだけで勝手に充電してくれるので、とてもとてもありがたいです。

コストをかけずに発電するなら、ソーラーパネルが付いているポータブル電源がおすすめでしょう。

ポータブル電源でエアコンを使う際の注意点

注意点

ポータブル電源でエアコンを使う際には、いくつか注意点があります。

まずは、短時間で消耗させる使い方をすることで、ポータブル電源のバッテリーの劣化を早める恐れがありますのでやめましょう。

またポータブル電源の電池残量が0%の状態で長時間放置しておくと、必要なときにポータブル電源が使えなくなってしまうことがありますので、電池残量が少ないとき状態で長時間放置するのはやめましょう。

エアコンを使うときのおすすめポータブル電源3選

ではエアコンを使うときにおすすめのポータブル電源について、私から3つご紹介させていただきます。

私がおすすめするポータブル電源は、以下の3つです。

エアコンを使うときのおすすめのポータブル電源
  • Jackery 1500 PTB152
  • Jackery 1500 PTB151
  • BLUETTI   AC200P

Jackery 1500 PTB152 について

ポータブル電源といえば、Jackeryが有名です。

なかでも【Jackery 1500】は、定格容量が1,534Whと大容量であり幅広く使えると思います。

その分、充電時間は7.5時間とやや長めですが、プラグを2つ繋げれば約4時間で充電完了になります。

さらに保証期間が2年と長いので、万が一の時は安心ですね。

実際に使用した方々からは、

使い方は簡単だと思います。パネルの表示もわかりやすいと思います。
ただ重いので運搬に注意が必要です

これで災害時でも安心ですし、昼間充電して夜にこれを使うことで節約もできたり、アウトドアでも使えるので一台でいろいろな使い方ができるのでおすすめです。

とかなり好評のようですね。

Jackery 1500 PTB151 について

【Jackery 1500 PTB151】は先ほどご紹介したPTB152の1つ前のシリーズです。

キャンプや車中泊、災害時には3~6日ほど使用できますし、1800Wの定格出力に対応しているため、スマートフォンはもちろんホットプレートやファンヒーター、ポータブルクーラー、炊飯器、ドライヤー、電気ケトル、電動ドライバー、電子レンジ、コーヒーメーカーなど様々な電化製品に使用できます。

さらに一般的な家電が使用できるAC100Vコンセントが3口も搭載されているので、とても使い勝手があり便利な商品です。

実際に使用した方々からは、

災害&車中泊用として、初めてポータブル電源を買いました。
1000Wと1500Wと悩みましたが、大は小を兼ねるのと、1500Wは
殆どの家電が動くとの事なので1500Wを選択。
到着後40%の充電だったので満充電にしましたが、アダプターは
結構な熱を持ってました。次回からはアダプターは金属製の台に
のせてやろうと思います。
テストで何時もの様に5合炊きの炊飯器で使ってみましたが、消費
は10%程度。これならIHクッキングヒーターと合わせば、家での
食事と変わらない物が作れます。

と幅広く活躍できるところに好評のようでした。

BLUETTI AC200Pについて

最後は【BLUETTI AC200P】です。

この商品の良さは、なんといっても大容量2000Whと大容量なところ。エアコンも十分使えます。

しかし、重量が30kg近くあるので災害用としては向いておらず、一家に一台購入しておく点では向いているかもしれません。

実際に使用した方々からは、

ちょっと重いけど、エアコンPanasonicをテストすると冷房18℃で風量自動で370W~415Wぐらいで動いてました。
最近PV350ソーラーパネルを購入したので併用すれば天気であれば2日に1日はエアコンを動かせると思います。

レビュー見て、そんなに重いのかと覚悟してましたが、想像してたほどではなく、なんとか抱えて持ち運びできます。届いたときに62%ほど残量がありましたので早速、家電を試してみました。大抵の家電は動きます。なにかと重宝しそうです。

人によっては「そこまで重たくない」と思うようですね。

ここまで大容量でしたら、色んな場面で活躍すると思います。

DELTA Proについて

EcoFlowの「DELTA Pro」は、「とにかく容量が多くて持ち運び可能な電源が欲しい」と考えている方にぴったりです。この商品の電池容量は3,600Whあり、専用のエクストラバッテリーを最大2つ接続すると、容量を10,800Whにまで増やすことができます。

さらに、定格出力も高いので大型エアコンも動かすことができます。ソーラーパネルと併用することで、太陽光をすることも可能です。

DELTA 2 Max

「DELTA 2 Max」もおすすめのポータブル電源です。充電がとても早く、0%から80%までがたったの43分でできます。

バッテリーの容量や出力も高水準なので、お家のエアコンにも電気を供給することができます。

これを使えば、緊急時にも十分な力を発揮してくれます。

DELTA proと同じくソーラー充電も可能となっております。

ポータブル電源でエアコン(暖房)は何時間使える?家庭用エアコンは動く?まとめ

まとめ

今回は、ポータブル電源でエアコン(暖房)を動かすことはできるのか?また何時間使えるのか?について解説させていただきました。

まとめると以下のようになります。

ポータブル電源でエアコン(暖房)を動かせる?
  • 100Vのエアコンであれば動かせられる
  • エアコンのメーカーや消費電力、そして使用環境によってエアコンの稼働時間が変わってくる
  • ソーラーパネルが搭載されているポータブル電源だとなお良い

以上です。

寒い冬の暖取りには、ぜひポータブル電源を活用してエアコンを使いませんか?

あなたのお気に入りのポータブル電源が見つかると良いですね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次