MENU

ポータブル電源どこで買える?ドン・キホーテやコーナンなど売ってる場所

当ページのリンクには広告が含まれています。
ポータブル電源 どこで買える

ポータブル電源は防災やアウトドアにとても便利なアイテムですよね。ところで、ポータブル電源はどこで買えるんでしょうか?ドン・キホーテやコーナンなどで買えるんでしょうか?

というわけで今回はポータブル電源はどこで買えるのかについて調べてみました。

目次

ポータブル電源はどこで買える?家電量販店やホームセンターは?

家電量販店

ポータブル電源はどこで買えるのか調べてみたところ、結構色んなところで買えることがわかりました。

それぞれ詳しくみてみましょう。

ヨドバシなどの家電量販店は?

ポータブル電源を「触ってみたい」と思っているのであれば、大きな家電店に行くのがおすすめです。

家電店であれば商品を直接手に取って、どんな感じかや大きさを確かめることができます。

店員さんに詳しく説明してもらえるので、自分にあったポータブル電源を選びやすいです。

また、家電店にはいろいろなブランドやモデルのポータブル電源が並んでいることが多いので、比べて選ぶこともできます。機能や仕様、価格もいろいろなので、自分の使いたい用途に合ったポータブル電源を見つけることができます。

ただし、時には欲しいものが店にないこともありますし、扱っているブランドやモデルが限られていることもあります。

ですので、事前に店舗に確認することをおすすめします。

ドン・キホーテなどでは買える?

ドン・キホーテからは「持ち運べるコンセント」という名前でポータブル電源が発売されています。

20,000Ahという大容量にも関わらず、とてもコンパクトな作りとなっております。

デイキャンプなどにはピッタリの商品ですね!

→ドン・キホーテのポータブル電源レビュー記事(準備中)

コーナンなどのホームセンターは?

もちろん、ホームセンターでもポータブル電源の取り扱いはありますが、家電量販店よりは種類が少ないです。

また、ホームセンターは発電機を推している場合が多いので、ポータブル電源を購入するには向いていないでしょう。

ポータブル電源は通販で買える?

通販

ポータブル電源は通販で買えるのでしょうか?

結論から申し上げますと、ポータブル電源は実店舗で購入するよりも通販で購入したほうがお得になります。

というわけで詳しくみていきましょう!

ポータブル電源のメーカー公式販売など

ポータブル電源を購入する際には、まずメーカーの公式販売サイトをチェックすることをおすすめします。

多くのポータブル電源メーカーは自社のウェブサイトやオンラインストアを運営しており、最新のモデルや製品情報を提供しています。

公式販売サイトでは、製品の仕様や性能、付属品などの詳細情報を確認することができます。

また、メーカー直営のオンラインストアでは、特別なセールや割引キャンペーンなどのお得な情報も提供されることがあります。

Amazonや楽天などのサイト

さらに、ポータブル電源は大手通販サイトであるAmazonや楽天などでも購入することができます。

これらのサイトでは、多数のブランドやモデルのポータブル電源が取り扱われており、ユーザーレビューや評価を参考にしながら選ぶことができます。

また、通常は商品の比較や価格のチェックが容易であり、さまざまな選択肢から自分に最適なポータブル電源を見つけることができます。

さらに、Amazonや楽天では頻繁にセールやキャンペーンが開催されているため、お得に購入することも可能です。

ポータブル電源のおすすめの購入方法は?

買い物 購入方法

ここまで、様々な購入方法について解説してきましたが、おすすめの購入方法はどれなんでしょうか?

実は、正解はなく、それぞれメリットやデメリットがあります。

メーカー公式サイトから購入

メーカー公式サイトからの購入のメリット
  • 最新のモデルや製品情報が提供される。
  • メーカーの信頼性や製品品質について安心感がある。
  • 特別なセールや割引キャンペーンがある場合がある。
メーカー公式サイトからの購入のデメリット
  • 在庫の状況によっては入手困難な場合がある。
  • 価格が他の購入方法と比較してやや高い場合がある。

大手ECサイトから購入

大手ECサイトからの購入のメリット
  • 多くのブランドやモデルのポータブル電源が取り扱われている。
  • ユーザーレビューや評価を参考にしながら選ぶことができる。
  • 商品の比較や価格のチェックが容易である。
  • セールやキャンペーンが頻繁に開催される。
大手ECサイトからの購入のデメリット
  • 偽物や類似品に注意が必要である。
  • メーカー公式サイトと比較して、信頼性や品質について確認が必要である。

実店舗から購入

実店舗からの購入のメリット
  • 製品を直接手に取って確認することができる。
  • 店員さんに質問をすることができる。
  • ポータブル電源の使用方法や機能を実際に体験することができる。
実店舗からの購入のデメリット
  • 品揃えや在庫の状況には限りがある場合がある。
  • 移動がめんどくさい

ポータブル電源のおすすめ5選

ポータブル電源紹介

というわけで、ここでポータブル電源のおすすめを紹介させていただきます!

EcoFlow DELTA Max

「DELTA Max」というポータブル電源は、EcoFlow(エコフロー)という人気メーカーが提供している最上位モデルです。このモデルには、1,612Whおよび2,016Whの2つの容量バージョンがあります。

DELTA Maxは、定格出力が2000W(瞬間最大出力4200W)であり、USB-C(PD)ポートでは最大100Wの出力が可能です。

また、特筆すべきはバッテリーシステムです。専用のエクストラバッテリーも販売されており、1,612Whモデルでは最大5,644Wh、2,016Whモデルでは最大6,048Whまでバッテリー容量を拡張することができます。

このポータブル電源は、アウトドアやキャンプ、車中泊などのシーンに最適ですが、万が一の状況にも柔軟に対応できる汎用性があります。

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152

Jackeryの「ポータブル電源 1500 PTB152」は、既存のモデルよりも大容量かつ高出力な製品です。このポータブル電源は、電子レンジやドライヤーなどの高消費電力機器の使用も可能です。

このモデルの定格出力は1800W(瞬間最大出力3600W)であり、USB-C(PD)ポートの出力は最大60Wです。また、容量は1,534Whと非常に大きなスペックを誇っています。

さらに、「Twin Turbo(ツインターボ)システム」が搭載されており、ACアダプターを2つ接続することで、非常に大容量なバッテリーなのにも関わらず、最短4時間でフル充電が可能となっています。

EcoFlow EFDELTA

EF ECOFLOW
¥159,500 (2024/02/20 23:30時点 | Amazon調べ)

このポータブル電源は『EcoFlow』の上位モデルで、超大容量かつ高出力です。

バッテリー容量は1260Whで、最大1,600Wの定格出力があります(瞬間最大出力は3,100W)。さらに、最大13台の製品を同時に充電できるポートも搭載されています。しかし、最も注目すべきは、EcoFLOW独自の「X-Stream技術」により、わずか2時間でフル充電が可能という点です。

このポータブル電源は、スマートフォン(3Ah)の充電を約100回分行えますし、LEDランプの点灯(10Wh)を約36時間分維持することができます。そのため、急な外出や緊急時にも優れた対応力を持つポータブル電源です。

Anker 757 Portable Power Station (PowerHouse 1229Wh)

Ankerのポータブル電源は、かなり大容量なリン酸鉄リチウムイオン電池を使っております。

他のメーカーのポータブル電源と比べると、バッテリーサイクル数は約6倍もありますので、パススルー充電で劣化する心配もナシです。

サイズとバッテリー容量に対して、ちょっと重いかもしれませんが、頻繁に移動しないのであれば、長い間ハイパフォーマンスで使えるのはとてもおすすめです。

PowerArQS7 ポータブル電源PA70-TN

PowerArQの”S7ポータブル電源”は、リン酸鉄リチウムイオン電池を使用しており、3000回以上のバッテリーサイクルを持つことが特徴です。電力の使用効率は公称値の電池容量に対して約90%で非常に高く、一般的な13Wのスマートフォンであれば約50回充電することができます。

防水機能はありませんが、ソーラー充電やカーチャージなどの災害時に役立つ機能や、LEDライトを備えているため非常灯としても使用できる利点があります。さらに、本体を充電しながら外部に給電できるパススルー充電機能や、ワイヤレスでスマートフォンやタブレットを充電できる機能も搭載されており、さまざまな場面で活用できます。

効率的に電力を使用し、多機能な製品であるため、ポータブル電源を検討しているすべての方におすすめできる商品です。

ポータブル電源どこで買える?ドン・キホーテやコーナンなど売ってる場所まとめ

まとめ

今回はポータブル電源はどこで買えるのかということについてご紹介させていただきました。

記事をまとめると下記のような感じになります。

  • ポータブル電源は実店舗・メーカー直販・大手ECサイトで購入できる
  • それぞれメリット・デメリットがある

以上です。というわけでまた次の記事でお会いしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次