MENU

ポータブル電源のワットアワーって何?電力容量の見方や目安について

ポータブル電源 ワットアワー

ポータブル電源のスペックを確認する時に「Wh(ワットアワー)」という単位が記述されているのを見ると思います。

これは、電力の容量を表します。

今回は、ポータブル電源のワットアワーって何?電力容量の見方や目安についてご紹介します。

では早速見ていきましょう!

目次

ポータブル電源の単位について

ポータブル電源のスペックを見ると色んな単位が記述されています。

ポータブル電源を購入しようとした時に、何を基準に選んだら良いのかな?Whって何?スペックを見ても用語が分からないから何のことやら…と思いませんでしたか?

私も、ポータブル電源についてどのメーカーが人気なのか、価格は?容量はどれくらいのものが良いのか?など調べる時に、何やら見慣れない英語?単位?があるけどどういう意味???といった感じでした。

この中でも今回は、「Wh(ワットアワー)」と「W(ワット)」について調べてみました。

ワットアワー(Wh)とは

ポータブル電源の単位について

W(ワット)電力と、h(アワー)時間に注目してバッテリー容量を表現しています。

この単位は、何ワット(W)のものが何時間(h)使えるかに注目している単位です。

数値が大きいほど、容量の大きいバッテリーとなります。

電力を求める計算式

Wh(ワットアワー)=W(消費電力)×h(時間)

例えば、400Whのポータブル電源で100Wの家電製品を利用する場合は、電力を求める計算式にあてはめて考えると4時間使用可能と分かります。

実際の使用シーンでは必ずしもスペック通りの使用時間になるとは限りませんが、おおよその比較材料として知っておくと便利です。

ワット(W)とは

ポータブル電源の単位について

W(ワット)とは、電力の大きさを表している単位で消費電力を指します。

1000Wと表記されている場合は、1000Wの電力を消費する製品だということになります。

消費電力が大きい程、使用する電力の大きな電化製品だと分かります。

消費電力を比較する際には、W(ワット)で表記されている数値を比較すると良いです。

ポータブル電源の容量の見方は?

ポータブル電源の容量の見方について

ポータブル電源の容量の見方、今回はJackeryを参考にしてみたいと思います。

Jackery ポータブル電源 1000です。

スペック表は以下です。

スペック表の容量1002Wh(ワットアワー)がこのポータブル電源の容量になります。

ポータブル電源の容量の目安は?

ポータブル電源容量の目安について

ポータブル電源選びには用途が重要ですが、バッテリー容量の目安となるのが上記している3つのキーワードとなります。

この3つのキーワードがどういった意味を持っているのかもう一度おさらいしておきます。

  • 「W」電気がどのくらいの仕事をする力を持っているのか、その大きさを図るための単位。電力を示す単位。
  • 「Wh」ポータブル電源のバッテリー容量を示す重要な数値。
  • 「定格出力」ポータブル電源が安定して出力できる電力量を知ることができ、用途に応じたポータブル電源選びには欠かせない重要な数値。

では、キャンプ時と災害時の場面別にポータブル電源の容量の目安をご紹介します。

キャンプ時

日帰りキャンプや1泊2日程度

400Wh〜500Wh程度の容量のポータブル電源がお勧め!

使用用途は、スマートフォンへの充電、扇風機、ミニ冷蔵庫、LEDライト、電気毛布などがあれば快適!

実際に使用した方のレビューがこちらです。

2泊3日などの連泊

700Wh〜の容量のポータブル電源がお勧め!

使用用途は、上記、日帰りキャンプに加えてコーヒーメーカー、コンロなど。

実際に使用した方のレビューがこちらです。

災害時

災害時や停電時

1000Wh〜の容量のポータブル電源を備えておくことをお勧め!

使用用途は、冷蔵庫やエアコン、消費電力の高いもの。

大規模な災害や停電の場合、復旧に日数がかかる場合もあるのでポータブル電源への充電用にソーラーパネルも一緒に備えておくと安心。

1000Whで、家庭用の冷蔵庫が半日くらいは使用出来るようです。

それでは、家庭用のエアコンはどのくらい使えるでしょうか?

1500Wh2時間半くらいは使用出来るようです。

電源が0%になってからポータブル電源の充電が完了するまで何時間か掛かるようなので、プラスでソーラーパネルともう1台持っていると交代で使用出来る為、災害や停電で長期間電気が使えないという時も安心ですね。

ポータブル電源のワットアワーって何?電力容量の見方や目安についてまとめ

今回は、ポータブル電源のワットアワーって何?電力容量の見方や目安について調べてみました。

まとめると以下のようになります。

  • 「W」「Wh」「定格出力」のキーワードについては理解を深めておくと良い
  • キャンプ時は400Wh〜、災害や停電時は1000Wh〜のポータブル電源があると安心
  • 特に災害や停電時用に備える場合には、もう1台とソーラーパネルも一緒に揃えることを視野に入れると安心

ポータブル電源で、家庭用の冷蔵庫やエアコンまで動かせるとは驚きでした!

災害や停電用に備えておくと非常に安心ですね。

それではまた次回の記事でお会いしましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次